安心して過ごすために【備えあれば憂いなし】

安心構造の建物で突然の災害対策

パネルの耐久テスト

耐久テストが行われている

太陽光発電は、自家発電として一般家庭にも導入できるものです。 一般家庭に導入することが出来る理由はいくつかありますが、その中でも耐久性が最も大きな理由として挙げられます。 これから先、何十年とそのシステムを利用するのならばそれに耐えることが出来る耐久性が必要になります。 太陽光発電は、見た目はガラス上になっているのですが実は厚さ数cmの強化ガラスによってできています。 発電システムの中ではかなり強力な耐久性を誇っていますので、滅多なことでは壊れません。 また、実際に発売される前には産業用として降雹試験というものが実施されます。 雹が落ちてきても壊れないことを証明するためのテストで、耐久性を示すために実施しているのです。

屋外に設置するときには太陽の方向へ向ける

産業用の太陽光発電は、屋外に設置して太陽光を集光しなければ意味がありません。 そのため、設置するときには必ず太陽の方向をソーラーパネルを向けておく必要があります。 基本的に、産業の太陽光発電でも雨などで太陽が隠れてしまうことと電力の変換力が小さくなります。 しかし、だからと言ってシステムを利用することができなくなるわけではありません。 産業の太陽光発電は環境試験によって、どの環境にも耐えることが出来る試験を行っています。 最悪の環境下であっても最低限の集光力と電力を確保できるように開発されているのです。 そのため、ソーラーパネルの設置場所を考えれば産業用として十分に満足できるパフォーマンスを発揮できます。 産業用は、自宅用以上にテストを行っていることを知っておかなくてはいけません。