安心して過ごすために【備えあれば憂いなし】

安心構造の建物で突然の災害対策

ルールにそって

解体工事を発注するには

建物の老朽化に伴い、建て替えや移転、取り壊しなどの工事が必要になります。その際、最初に行うのが、老朽化した建物の解体工事です。実際に作業を行うには、法律に基づいた様々なルールに従う必要があります。 そのため、解体工事を実施するには、許認可を受けた専門業者に委託するのが一般的になっています。 正しい解体工事業者を選ぶにはいくつかのポイントがあります。 まず、正式な許可を受けているか、産業廃棄物の処理は適正に行われているか、下請け業者に丸投げしていないか、などが重要な点です。 また、関連法規に違反した履歴の有無を行政に確認することもできます。適正な解体工事業者に業務委託することで、適切な作業を実施することが可能になります。 最寄りの工務店やハウスメーカーに聞いてみることも可能ですが、最近はインターネットが普及しているので、複数の業者を探してみることもいい方法だと思われます。

今後ますます増加が予想される

日本社会は人口の減少がすでに始まっています。高度成長期に大都市周辺に造成されたベッドタウンや、都市部の中心に残っている多くの古い民家などが、今後無人化していくと予想されています。 また、公共事業により建てられた多くの建築物の耐用年数が迫っていることも指摘されています。 今後、大規模な補修や解体工事が必要と思われる建築物は増加していくことが考えられます。特に民間住宅や集合住宅の老朽化に伴った解体工事が、日本社会にとって大きなテーマになりつつあります。 新築やリフォームの別に関わらず、解体作業は必然的に増加していくと考えられます。したがって、個人も法人も、近い将来のため、その準備を進めていくことが求められています。