安心して過ごすために【備えあれば憂いなし】

安心構造の建物で突然の災害対策

ひび割れを補修する

建築物の隙間やひび割れを補修するのがグラウト工事です。

コンクリートの隙間やひび割れを埋めて補強するのが、グラウト工事です。グラウト工事にはモルタルが使われます。モルタルは施工後に空洞が発生しにくく、また耐久性が高いという特長をもっており、グラウト工事に適した素材なのです。費用の割に高い効果が得られる利点もあります。 現在は建築物の耐震化の必要性が再認識されています。グラウト工事は、既存の建築物と耐震用の補強材との隙間を埋めるものとしても注目を集め始めています。建築物と補強材の隙間がきちんと埋められているかか否かで、建築物の耐震性が大きく異なってくるのです。 今後は、建築物の耐震工事に必要不可欠な存在として、グラウト工事の需要はますます増加していくに違いありません。

モルタルの取り扱いには注意点があります。

グラウト工事を行う際の注意点としていくつかのポイントが挙げられます。 グラウト工事に使用されるモルタルは、気温が低いと凍結してしまいます。モルタルが凍結した、もしくは凍結しかけた状態では、モルタル特有の流動性が失われているため施工後に空間や隙間が生じることがあります。そのため、モルタルを管理する場所の温度、および施工時の気温には気を配る必要があります。 そして、施工時にはモルタルを塗布する箇所を十分に濡らしておく必要があります。塗布面が乾燥しているとモルタルの吸着が弱まり、この場合も施工後の空間や隙間の原因となってしまいます。 グラウト工事の恩恵を最大限受けるためにも、モルタルの取り扱いには注意すべきです。